サービス

アセットマネジメント導入支援

アセットマネジメント(資産管理)とは

持続可能な水道を実現していくために中長期的な視点に立ち、
水道施設のライフサイクル全体にわたって効率的かつ効果的に水道施設を管理運営する体系化された実践活動です。
現在多くの水道事業体様がアセットマネジメントの導入に着手しています。

アクシオンは、水道事業体様の状況に応じて支援内容を設計し、
水道事業体様におけるアセットマネジメントの実践サイクル実現を支援します。

基本実施項目
  • 資産の現状把握および将来見通し
  • 更新需要の算定
  • 財政収支見通しの分析
  • レベルアップへ向けた課題抽出・改善方策の検討
  • 議会及び住民説明資料作成支援
その他
  • 施設現地調査
  • 職員とのワークショップの実施
  • 簡易支援ツールを利用した検討

経営戦略策定支援

経営戦略策定とは

現状把握、目標設定、施策検討及び財政収支検討を通して経営計画をまとめる一連の作業を指します。

アクシオンでは、水道事業体様の状況に応じて支援内容を設計し、水道事業体様における経営戦略策定を支援します。
総務省のガイドラインに示された重要項目を網羅し、過去のアセットマネジメントの結果や現行計画等を踏まえて、経営戦略を立案します。

実施項目
  • 現状分析・把握
  • 投資計画策定
  • 財源試算
  • 料金改定検討
  • 長寿命化検討
  • 広域化検討
  • 民間活用検討
など

水道ビジョン策定支援

水道ビジョンとは、50年後、100年後の将来を見据え、水道の理想像を明示するとともに、
取り組みの目指すべき方向性やその実現方策、関係者の役割分担を提示した水道事業体様の経営方針を指します。

アクシオンでは、水道事業体様の状況に応じて支援内容を設計し、水道事業体様における水道ビジョン策定を支援します。

現行水道ビジョンの見直し、現状把握・分析、将来予測、課題の抽出・整理や、
アセットマネジメントの実施状況等最新動向を踏まえた水道ビジョンの策定等、水道事業体様の状況に応じたサービスを提供します。

システム導入支援

システム導入支援とは、施設台帳システム、水道マッビングシステム、財務会計システム等水道事業様の効率化に資するシステムの検討、仕様策定及び導入支援を意味します。

アクシオンでは、水道事業体様の状況に応じて支援内容を設計し、水道事業体様におけるシステム導入を支援します。

これまで監視制御システムや施設台帳システム等アセットマネジメント関連システムの最新動向調査や、
固定資産台帳との連動や業務効率化を視野に入れた施設台帳システムの導入支援等を提供してきています。
現地での施設調査にも対応しております。

企業会計移行支援

企業会計移行とは、企業会計を導入していない簡易水道事業等において、
地方公営企業法に基づき企業会計を導入することです。

企業会計移行支援業務は、企業会計に基づく事業運営を実施するまでの法・規程等の整備や体制、運用方針、
財務会計システム導入などの実行支援となります。

アクシオンでは、水道事業体様の状況に応じて支援内容を設計し、固定資産台帳、法・規定等の整備、
企業会計移行に伴い必要となる職員研修や財務会計システム導入検討等を通し、企業会計に基づく事業運営実行までを支援します。

過去の情報が残っていない状況での固定資産台帳整理、様々なバックグラウンドを持つ職員に合わせた職員研修の設計・実施や、
時間が限られている中でのスビーディな移行等、水道事業体様の状況要望に応じたサービスを提供します。

その他サービス

サービス一覧にないサービスも水道事業体様の要望に応じて柔軟に提供させて頂きます。

  • 現料金改定検討支援
  • 事業評価、再評価支援